「デニムアウター」こそが旬なアイテム。

今季注目のデニムアウターを徹底追及!

着こなしにトレンド感を付け加えるのに最適なデニムアウター。
数多くあるアイテムの中でも、トレンドを意識するのであれば、”デニムアウター”は真っ先に取り入れるべき。

その中でもまずは手に取りたいのはデニムジャケット。
男らしさが薫るディテールや爽やかな色合いは、
女性からも好印象な必須アイテムだ。

3_b_51_500
出典:zozo.jp
絶妙なアイテム合わせでソフトな雰囲気を演出した大人の”こなし”コーデ。
ホワイトパンツが軽やかな雰囲気をプラスしており、
ネルチェックシャツがアメリカンカジュアルな印象に。
爽やかな絶妙なカラーコントラストとキレイめなホワイトパンツが
注目すべきポイント。

16290837
出典:sanusifahmi.blogspot.jp
定番かつトレンドのデニムジャケットだからこそ被りやすいアイテムだが、
他と差をつけるなら、インナーにボアのついたデニムボアジャケットはおススメだ。
インナーボアのホワイトはコーディネート(着こなし)のアクセントになり、
なんといっても温かい。
冬場はなかなか着用のシーンが限られるデニムジャケットだが、
インナーボアを取り入れれば、温かく、おしゃれ楽しめる。

6aekl6c16810
出典:auctions.yahoo.co.jp/

さらに周りと差をつけるなら、ヴィンテージアイテムを取り入れよう。
加工ではなくリアルヴィンテージだ。
トレンドとして出回っているアイテムはタイトでシルエットが非常にきれいだが、
ヴィンテージになると身幅が広く、着こなせることができればワンランク上の着こなしに。
ぜひチャレンジしてほしい。

旬なアイテムでこれからトレンドを意識したハイセンスな着こなしをする上で、
ここで一つデニムアウター選びのポイント!
ダメージ加工や、ウォッシュ加工などのいろいろなものが出回っているが、
選ぶ際の指標となるものが、
デニムの《濃淡の違い》

選ぶ基準はデザインやフォルムなどがあげられるが、
もっと大きな括りでとらえるのであれば、やはり色の濃淡の違いだ。
爽やかな印象の強い淡めのアイテム。
軽い印象をプラスするにはうってつけだ。

5B_33_D_500
出典:zozo.jp

3021220_IMG_1572
出典cdn9.lbstatic.nu

また、男っぽい印象を漂わせるのは断然濃い目。

9b1bc54d9e564566
出典:jooy.jp

その日の気分によって使い分けるのであれば、
濃淡でそろえることをおススメする。

そんなトレンド感の強いデニムアイテムのセットアップが
2016年春のトレンドとなっている。
こちらの記事も合わせて読んでいたい

2016年春も注目したいセットアップとは