「デニムアウター」こそが旬なアイテム。

今季注目のデニムアウターを徹底追及!

着こなしにトレンド感を付け加えるのに最適なデニムアウター。
数多くあるアイテムの中でも、トレンドを意識するのであれば、”デニムアウター”は真っ先に取り入れるべき。

その中でもまずは手に取りたいのはデニムジャケット。
男らしさが薫るディテールや爽やかな色合いは、
女性からも好印象な必須アイテムだ。

3_b_51_500
出典:zozo.jp
絶妙なアイテム合わせでソフトな雰囲気を演出した大人の”こなし”コーデ。
ホワイトパンツが軽やかな雰囲気をプラスしており、
ネルチェックシャツがアメリカンカジュアルな印象に。
爽やかな絶妙なカラーコントラストとキレイめなホワイトパンツが
注目すべきポイント。

16290837
出典:sanusifahmi.blogspot.jp
定番かつトレンドのデニムジャケットだからこそ被りやすいアイテムだが、
他と差をつけるなら、インナーにボアのついたデニムボアジャケットはおススメだ。
インナーボアのホワイトはコーディネート(着こなし)のアクセントになり、
なんといっても温かい。
冬場はなかなか着用のシーンが限られるデニムジャケットだが、
インナーボアを取り入れれば、温かく、おしゃれ楽しめる。

6aekl6c16810
出典:auctions.yahoo.co.jp/

さらに周りと差をつけるなら、ヴィンテージアイテムを取り入れよう。
加工ではなくリアルヴィンテージだ。
トレンドとして出回っているアイテムはタイトでシルエットが非常にきれいだが、
ヴィンテージになると身幅が広く、着こなせることができればワンランク上の着こなしに。
ぜひチャレンジしてほしい。

旬なアイテムでこれからトレンドを意識したハイセンスな着こなしをする上で、
ここで一つデニムアウター選びのポイント!
ダメージ加工や、ウォッシュ加工などのいろいろなものが出回っているが、
選ぶ際の指標となるものが、
デニムの《濃淡の違い》

選ぶ基準はデザインやフォルムなどがあげられるが、
もっと大きな括りでとらえるのであれば、やはり色の濃淡の違いだ。
爽やかな印象の強い淡めのアイテム。
軽い印象をプラスするにはうってつけだ。

5B_33_D_500
出典:zozo.jp

3021220_IMG_1572
出典cdn9.lbstatic.nu

また、男っぽい印象を漂わせるのは断然濃い目。

9b1bc54d9e564566
出典:jooy.jp

その日の気分によって使い分けるのであれば、
濃淡でそろえることをおススメする。

そんなトレンド感の強いデニムアイテムのセットアップが
2016年春のトレンドとなっている。
こちらの記事も合わせて読んでいたい

2016年春も注目したいセットアップとは

ジャンル問わず使える名ボトムは「ホワイトデニム」

定番で使い勝手もよく、カジュアルアイテムのデニムパンツ。
ラフでありながら男らしさも担ったアイテムで、
コーディネートには欠かせない。

532
出典:wear

そんなデニムパンツの中でも最近人気を博しているのが、ジャンル問わず使えるホワイトデニム。
どんなアイテムにも対応できる万能性や、
トレンドのダメージや、ペイント加工を施していてもコーディネート(着こなし)に必須の清潔な印象を保てるの魅力的。
カジュアルはもちろん少しフォーマルにも活用できるのだ!

82
出典:wear

大人の香り漂うキレイめなアウターにホワイトデニムはマストなアイテム。
コントラストの効いた上下合わせがコーデにメリハリを与えてくれる。
足元のロールアップと軽快なスニーカーがスポーティな雰囲気でカジュアルな印象もプラス。

58b490b1f64
出典:wear

トップスにはボーダー調のニットをチョイスし、クリーンなホワイトデニムと相まって、
大人の余裕を伺わせるスタイルに。
そこにインディゴカラーのデニムシャツを腰巻することでトレンド感もアップ。
小物使いが光るホワイトデニムコーディネート。

140759_500
出典:wear

落ち着いた色合いで大人の雰囲気漂うシンプルコーデに
ただのホワイトデニムではなく、スパイスとなるダメージデニムパンツをチョイス。
暗めのトップスとホワイトのボトムス。
反対色でありながら、好相性な白と黒が織りなすシックなコーディネート。

tum1r66csno1_500
出典:fashionsnap

存在感のある柄アイテムは、ホワイトデニムでこそ引き立つ。

使い勝手の良さがウリのホワイトデニム。
今季はぜひ一本は押さえておきたいところ。
合わせるアイテム次第で、様々に表情を変えるホワイトデニムパンツの魅力、わかっていただけただろうか。

味のある独特な雰囲気が好ましいデニムシャツスタイル!

デニムといえば、
長年着用することで深みが増す経年変化にどんどん愛着が湧いてくるもの。
そんななかでも簡単にコーディネート(着こなし)に取り入れやすいアイテムの一つがデニムシャツ。
そんなデニムシャツも、ベーシックなインディゴから、クラッシュや、柄物など、今季は特に注目度が高いアイテムだ。
デニムシャツさえ取り入れれば着こなしにもトレンド感ある着こなしになるのでぜひ取り入れてほしい。

B_34_D_500
出典:zozo.jp

一口にデニムシャツと言っても、様々な色味が存在するが、
あらゆるものに対応出来てこそ。

淡いものから濃いものまで幅広いアイテムの活用法でコーデにメリハリを与よう!

denim
出典:vokka.jp

濃い目のインディゴカラーのデニムonデニムスタイル。
インナーにシンプルなホワイトTシャツを合わせることで、デニムの持つ硬派な印象はそのままに、清潔感を与えてくれる。

66
出典:wear

スラックスなどのキレイめアイテムとの相性もいいデニムシャツ。
下半身はドレッシーに仕上げ、トップスにデニムシャツを合わせることで、
程よくカジュアルダウンした良コーデだ。

67B_165_D_500
出典:zozo.jp

小粋なリペアや、ヴィンテージライクにエイジングされた色落ちが魅力的な
デザイン性の高いアイテムをチョイスすることで、周りと差別化。
王道だからこそ被りやすいデニムシャツで周りと差がつくコーディネート(着こなし)に。
他のアイテムはシンプルに合わせることでよりこなれたデニムシャツが際立つ。

de

爽やかなホワイトパンツと合わせたコーディネート(着こなし)。
ワイルドな印象も強いデニムシャツですが、清潔感あるホワイトパンツと合わせることで、
爽やかで好印象なスタイルになります。

ge_1025_24_1
出典:wear

ドレッシーなチェスターコートに少し色落ちしたデニムシャツを合わせることで、
カジュアルダウンしたコーディネート。
ボトムスもチノパンツで合わせているが、シューズとアウターをきれいめにそろえることで、
大人っぽく仕上がったコーディネート。

026_4

モノトーンでそろえた、モードな着こなしに、
デニムシャツをちょい見せ。

あらゆる着こなしに相性のいいデニムシャツは
カジュアルダウンさせたいとき、ラフな印象をプラスしたいときにぜひ取り入れてほしい。

色の残り具合や濃さで、表情が変わるデニムシャツはクローゼットにぜひ揃えたい。

こちらの記事も合わせて目を通しておきたい。
きれいめからカジュアルまで!メンズのデニムシャツ春コーデ